爪水虫治療サイト

爪水虫用の塗り薬で治す




通常の水虫薬では、爪水虫は治すことができません。管理人自身、塗り薬では確かに患部まで届かないかもしれないけど、液体タイプの水虫薬ならたとえ爪水虫でも患部まで液体が浸透して治すことができるのでは?と思い、1年以上使い続けました。

ですが、残念ながら薬局で購入できる液体タイプの水虫薬でも爪水虫は治すことができませんでした。

なので、時間に余裕がある方は、皮膚科で治すことをおすすめします。

ただ病院に行きたいけど忙しくて行くことができない社会人の方もおられると思います。爪水虫になれば定期的に病院に通う必要があります。

また、爪水虫を治療するとき、病院では飲み薬を処方されます。この飲み薬には副作用があります。副作用は下痢や腹痛を起こすことがあります。吐き気をもよおす人もいます。

そして妊娠中の方はこの飲み薬を飲むことができません。さらに肝臓や腎臓の悪い方、内臓の弱い方もダメです。貧血のひどい方も場合によっては爪水虫用の飲み薬を処方してもらえないこともあります。

冬場なら人に見られることが少ないですが、それでも女性の場合、ストッキングなど足元が薄いので靴を履き替えるときに爪を見られることがあるかもしれません。

足の爪にネイルをしたくても、爪水虫であればそのネイルを見せることができません。夏場であれば、男女問わず足の爪をだれかに見られるときがあります。そんなときに足の爪が白く濁っていたらやはり、爪水虫だとわかってしまいます。

すぐにでも、治したいですね!病院に行かなくても、自宅で治すことができる爪水虫用の塗り薬が販売されています。
爪水虫の塗り薬 Dr.G's クリアネイル

飲み薬に比べて副作用が少ないのが嬉しいです。ただ、やはり商品を勧める上で不安があるので薬剤師の方にこの水虫薬について聞いてみました。

すると、基本的に塗り薬なので体の表面だけに作用し、体内には入らないので妊娠中や授乳中の方でも医学的には利用することができるとのことです。ただ、万が一にこともあるのでお医者さんに相談されてはという答えをいただきました。