爪水虫治療サイト



爪水虫に効く塗り薬!自宅で爪水虫を治したい方におすすめです。
爪水虫用の塗り薬で治す



調剤技術料の値上げ

毎回、水虫の治療費を記録していて気づいたことがあります。3回目に薬局に行ったときは調剤技術料は119点だったのですが、4回目に薬局に行ったときは調剤技術料が123点と4点上がっていました。薬の量、薬の種類は前回と変えていません。ラミテクト錠125という薬です。次回いったときに、またこの調剤技術料についてはしっかりと見ておきたいのですが、やはりなぜ調剤技術料の点数が上がったのか気になります。

もしも自由に、その日の気分で調剤技術料の値段をあげさげしているのであれば、大きな問題です。ちゃんと前回と表示が違う場合は説明する責任があると思います。病院や薬局というのは、他の商品を販売する企業に比べて支払いが明確でないのが、なんだか嫌ですね。今、石油を中心とした資源が高騰して、それぞれの企業は苦しい立場にあります。最近になって、ポテトチップスが値上がりするというニュースを見ました。カップめんを軒並み値段を上げています。

でも、これらの値上げは資源の高騰によるもので仕方がありません。それぞれの企業は苦しい中でコストダウンをしながら、どうしても価格に転嫁せざる終えない状況になったからこそ、値上げをしているわけです。

でも病院や薬局の初診料や検査代、技術料などは値上がりしても、私たち患者は気づきません。もう少し病院の治療費、薬局での技術料、薬学管理料など明確な説明があってもいいと思います。値段が知らないうちに上げっている状況はどうかと思います。

病院や薬局も他の企業みたいに競争してくれたらうれしいですね。たとえば、お昼のタイムサービス、11時から1時までは治療費が10パーセントオフや家族割りみたいに、家族で利用されている場合は治療費が30パーセントオフなどあってもいいと思います。

企業はライバル会社がいなければ、どうしても怠けてしまい、良いものを安く作るという努力をしなくなります。病院も価格での競争がないので、努力を忘れているのではないでしょうか?ライバル会社のない企業は、高い値段の商品しかつくりません。また改良を加えないので、機能自体もほとんどかわらないでしょう。

病院や薬局も価格競争をするライバルがいないので、どうしてもサービスの質がよくありません。また治療費は異常に高いです。もっと価格競争をして、安い病院、高い病院というのがあってもいいと思います。治療費は安いけどその分最新機器がない病院、治療費は高いが最高のスタッフと最新の技術を駆使して治療する病院、いろいろな病院があってもいいと思います。

お金のない人にとっては、多少病院の検査機器が古くても治療費が安いほうがうれしいです。一方、お金持ちでお金が腐るほどあまっている人は最高レベルの治療を高い値段を支払ってすればいいと思います。病院や薬局ももっと競争してもらいたいものです。日本の政府の方、よろしくお願いします。ちっぽけな1人の善良な市民からのお願いです。