爪水虫治療サイト



爪水虫に効く塗り薬!自宅で爪水虫を治したい方におすすめです。
爪水虫用の塗り薬で治す



血液検査の結果

さて、2週間後に爪水虫の治療のために再度病院にいきました。病院では前回に血液検査を行ったその結果をもらいました。領収書のようなうすっぺらい紙です。血液検査の結果は特に問題がないとのことです。あとは、薬を飲んでいて何か以上はないか?と聞かれたので、飲み始めのころは、朝起きると腕が張った感じになる、と話しました。

腕が張った感じになるというのは、特に薬の影響ではなく関係ないとのこと、あとは4週間分の薬をもらうための処方箋をもらいました。待ち時間は15分、診療は1分といったところでしょうか?

基本的に病院はなんか人間のぬくもりをまったく感じないところなので好きではないです。医者も受付の人間もロボットのように感じるのは私だけでしょうか?

さて、診療代について報告します。まず皮膚科に支払ったお金は初・再診料が123点、投薬が68点の合わせて191点です。つまり1910円治療費としてかかったということですが実際は3割負担なので580円を支払いました。投薬というのは、もしかしたら、薬の処方箋を書くことに対する手数料みたいなものでしょうか。気にはなったのですが、怖くて聞けませんでした。

皮膚科で支払いを済ませた後は、薬局にいきました。ここでは水虫を治療するための薬28日分をもらっています。調剤技術料が119点、薬学管理料が45点、薬剤料が448点なので合わせて612点です。健康保険に加入しているので3割負担になります。1840円薬局で支払いました。

2回目の爪水虫にかかった治療費の合計は2420円となりました。