爪水虫治療サイト



爪水虫に効く塗り薬!自宅で爪水虫を治したい方におすすめです。
爪水虫用の塗り薬で治す



日本の医者は傲慢だ

治療も終了間近になり、なぜ血液検査をするのか疑問に思い、だんだんと病院に行く気がなくなってきました。もうほとんど爪はきれいになっているので、あとは塗り薬でも爪水虫を治療できるのではないかという気持ちにもなってきました。

爪水虫は飲み薬でないと絶対に治らない、市販の薬で治療するのは無理だ、というのが一般常識ですが、ここで管理人が皮膚科で飲み薬をもらい爪がきれいになってきたら薬局の塗り薬でも治療することができるのかどうか検証してみたくなりました。

もしも、あと市販の水虫薬で治すことができれば、治療費は2万円を超えずに済みます。ですが、次回いったら血液検査があるので、皮膚科での医療費がバカ高くなり治療費も2万円を確実に超えてしまいます。

一方で、自己流で爪水虫を治そうとして状況が悪化すれば、さらに治療費は高くなります。どのような選択がベストなのか素人の私にはわかりません。かといって、こんな馬鹿げた質問をお医者様にしては怒られてしまいます。

まだまだ日本社会では医者が上の立場で患者は下の立場です。一般企業のように、患者はお客様という考え方に変わってくると、も少し患者の側にたった治療が出来ると思うのですが、なかなかこのバカ高い医療費と今の病院のシステムを変えることは難しいと思います。

麻生内閣総理大臣が
「医者は社会的な常識がない!」
と言って批判されていますが、患者は立場が下、お医者様の方が立場が上という社会環境です。このような環境で、社会常識が身につかないのは当然のことであり、麻生内閣総理大臣の発言は真実だと思います。

次回、病院に行くまで1ヶ月あります。しばらくどのようにするか考えてみようと思います。